かゆみ・乾燥・性交痛・尿もれなど更年期前後の不快な症状に

腟のアンチエイジング

ご存じですか?腟の老化。腟の不快症状は、あなただけではなく、誰にでも起こり得る症状です。

症状・お悩みについて

こんな不快な症状ありませんか?

日本人の45%の女性が何らかの外陰・腟・尿路症状を抱えています。

グラフ

さらに自覚症状がある人の44%は、一つの症状だけでなく、合併する方が多いのです。

グラフ

これらの症状は、女性ホルモンの低下・加齢に伴う腟の老化が原因とされています。

腟も老化する?

子宮、卵巣、腟といった女性器は女性ホルモンの一種であるエストロゲンの作用を強く受けている器官です。外界と接している顔の皮膚と同様に、腟壁もターンオーバーを繰り返し、適度なうるおい・弾力と酸性の環境が保たれ、外傷・細菌から腟や子宮を守り、妊娠や出産に備えています。

年齢を重ねるにしたがって、エストロゲン分泌量が低下しエストロゲンによる恩恵が受けられなくなると、弾力やうるおいが失われ、腟内環境に変化が生じてきます。
顔にシミやしわが現れてくるように、腟も老化して「腟萎縮(ちついしゅく)」が起こるのです。

エストロゲン分泌量の変化

エストロゲン分泌量の変化のグラフ

腟萎縮(ちついしゅく)とは?

加齢に伴うエストロゲン分泌量の低下によって腟壁のコラーゲンが減ってしまい、腟粘膜が固く、薄く、弾力がなくなり、傷つきやすくなります。この状態を腟萎縮といいます。腟萎縮だけでなく外陰部も萎縮が進んでくると頻尿、尿もれ、性交痛、におい、灼熱感、乾燥、かゆみ、ゆるみなどの症状が強くなります。

腟萎縮・外陰萎縮は誰でも起こりうることであり、35歳ごろからからエストロゲンの分泌は急激に減少します。日本人女性の平均寿命が86歳なので、人生の半分ぐらいはエストロゲンの恩恵を受けない生活をすることになります。

腟萎縮の発現率

腟萎縮の発現率のグラフ

日々の忙しさの中で「病院に行くほどではない」
また、「年だから」「恥ずかしいから」とその不快な症状を諦めていませんか?

治療について

腟の若返りと不快な症状の軽減

モナリザタッチ®(腟レーザー療法)による海外の臨床報告では、治療を受けた方の「頻尿」「尿もれ」「性交痛」「灼熱感」「乾燥」「かゆみ」「ゆるみ」など、全ての症状において1回の治療でも有効改善結果が報告されました。

ホルモン療法のリスクを心配されて長期的な治療を諦めてしまった方にも安心してお受けいただける治療法です。
1回の治療で、腟の不快症状の平均改善率は約50%
複数回治療で、さらに改善率が上昇しています。

腟粘膜改善のイメージ

腟粘膜改善のイメージ

腟のアンチエイジング「モナリザタッチ®」とは

顔のシワやたるみ治療に用いられるフラクショナル炭酸ガスレーザー治療の効果と技術の実績を応用し、腟粘膜の代謝能力を高める腟のアンチエイジング療法がMONALISA TOUCH®(モナリザタッチ) 療法です。

腟粘膜の線維芽細胞が活性化され、新生コラーゲンが生成。「ふっくらとした厚み」や「ひだ」のある潤い豊かな腟に生まれ変わります。その結果、腟萎縮による不快な症状が軽減します。施術は腟レーザー治療(モナリザタッチ®)と外陰部レーザー治療のセットとなっています。

治療の流れ

  • カウンセリングと診察

    事前に病気がないかチェックをします。
    保険診療です。お電話0774-46-3365またはネット予約で診察の予約をお取りください。

  • レーザー照射

    • 麻酔不要(腟)、クリームによる表面麻酔(外陰)
    • 施術時間は数分
  • 帰宅

    • ダウンタイムがなく、術後の特別なケアは不要
    • 3日間性交渉や公衆浴場での入浴を控えるのみ

よくあるご質問

クリニックについて

こじまレディースクリニック外観

こじまレディースクリニックは松井山手‒京田辺市‒京都府に開院したレディースクリニック(産婦人科医院)です。不妊症、避妊、ワクチン、子宮がん検診、妊婦健診、産後健康相談などのご相談もお受けしています。マタニティ・ヨーガ等各種教室等も開催しております。

診療時間
9:00〜13:00
16:30〜20:30
  • 小島 秀規
  • 小島 奈緒子

9:00〜11:00までの診察となります

日曜日・祝祭日は定休日です。

こじまレディースクリニックWebサイト

アクセス

所在地:〒610‒0357 京都府京田辺市山手東1丁目2番6